スピンドル流レズビアン向け長続きする恋の探し方

レズビアンあるあるでよく語られる、なかなか恋が長続きしないという問題、解決してみませんか?

レズビアンをはじめとするLGBTは学校や職場など同レベルの人が集まった集団で出会える確率が少ない分、お互いの背景がかなり違う人と出会うことが多いです。
そのため、付き合ってはみたものの、お互いの常識が違う場面に出くわすことが多いのも事実です。

恋愛が続かない人の話を聞いてみると、「なぜそんな人と…?」と思わず考えてしまうくらい酷い相手と付き合っているケースもあります。
ただその人だって最初からそんなに酷かった訳ではないはず。大抵は途中から歯車が狂ってしまうケースがほとんどです。見切りをつけずにいつか良くなることを信じて、ズルズルと恋愛をするとそれが結果的に長続きしない、ダメ恋愛になってしまいます。

恋愛が続く人は意外と切り替え上手が多く、自分に最適な人を探すことに余念がありません。
そして何より自分はこういう人なら上手くいくと分かっている人が多いようです。
もちろん自分自身のことや自分が求めるものも変わっていくものなので絶対ではありませんが、自分自身の求めるものを把握しておくことは大事です。

今回はそんな中でも、長続きしないパターンとその対策、解決策を見ていきましょう。

【長続きしないパターンと具体的解決策】
◆パターン1. 彼女に甘すぎる
恋が続かないレズビアンに比較的多いのが、とにかく彼女に甘すぎる人です。
中でもよく見られるのがタチ側が彼女に奢ったりお姫様扱いをしてしまうケースで、好き放題させてしまうパターン。逆にネコ側でも浮気しまくる相手に振り回される人もいますし、リバでも力関係が全くリバじゃないというケースなどもあります。

最初は自分を大きく見せたくて優しくしすぎたりするものですが、その大きく見せた分が本人の本来の姿とかい離すればするほど後で辻褄合わせに苦労します。付き合って3か月は敢えて相手のわがままは聞かず対等な関係を強調してみましょう。そしてこの3か月は相手の気になる部分は飲み込まず正直に言ってみましょう。それで離れていく相手なら本来向き合うべき相手ではないので割り切って構いません。
恋の空気が楽しめて良かった。ごちそうさま~という気分でサヨナラしてOKです。

色々信頼関係ができてから、そうでないと相手に意見するのはちょっと気が引けてしまう、という優しい方もいますね。
しかし、むしろ信頼関係ができてから指摘をしてしまうと、よくある「付き合い始めは優しかったのに…!」と言われてしまう「豹変彼女」にあなた自身がなってしまいます。
この3か月を経て仲良くできている恋人は後々バランスを保ちやすいです。それぐらい恋愛初期は大事な時期なのです。

時間の経過とともに愛情の目減りを思わせてしまうくらいなら、最初から常に変わらないレベルで提供できるものを提供する方が後々問題が起きません。

◆パターン2. ノンケばかりを好きになる
恋が続かない人の中によくノンケ(元々異性愛者)に恋をして、振られてしまう人もいます。しかしそのまま上手くいくケースも存在するので、ノンケを好きになる事自体は一概に否定できません。
ノンケといえど元々女性同士の恋愛に興味があった場合(例えば百合・Girls Loveを扱った本や漫画が好き、宝塚が好き、女性アイドルが恋愛対象として好き、など)は上手くいくケースがあります。ただ一度も女の人と付き合ったことがない人を振り向かせてしまった場合、あなたのその力量は尊敬しますが、数年後子供が欲しいとか結婚しなくてはと別れを切り出されるなど問題が起きやすいです。

やはり人生を共に歩もうというときは元々「こちら側」の人の方が当然付き合いやすいです。
レズビアンと言っても本当に色んなタイプの人がいます。普通に仕事してたら出会えなかったような人とも会えたり、友達が作れたりし、世界が広がります。
レズビアンアプリ(スピンドルも)やイベントやオフ会を覗いてみてはいかがでしょうか。
20年前はボーイッシュだらけだった日本のレズビアンシーンですが、最近はノンケ女性よりきれいな人、かわいい人も多いですね。

◆パターン3. 相手を見る目がない
付き合う相手との相性は確かに運要素もあります。ただ毎回外しているなら見る目がないと疑ってみた方がいいかもしれません。でも出てくる当然の疑問。
「見る目ってどうやって磨くの?」

見る目がない人はそもそも自分自身がどんな人を必要としてるかがあいまいで、わかっていないことが多いです。するとその場の雰囲気でなんとなく好きになってしまいます。
このなんとなくのぼんやりとした視点をピント調整すると見る目が磨かれます。

ピント調整の仕方:
1)自分が必要とする要素をできるだけ細かく書いてみて下さい。
20個ぐらいあった方がいいですが、思いつかなければまず10個でもいいです。

2)その要素一つずつについて、その要素を持っている人の特徴を書いていきます。
例えば…(要素)人の好き嫌いが激しくない→人の好き嫌いが多い人は理由なしにアレコレ拒絶する人が多いので食わず嫌いも多い→(特徴)食べ物の好き嫌いが激しくない。

3)チェックリストができたら、今の思い人がどれだけ当てはまるのか、各項目5点(20項目の場合)で点数をつけてみましょう。

4)アラフシギ。冷静に点数にしてみると、その人を客観的に見えるようになっています!

こうして普段から自分が求める要素に意識してもう一度恋人探しをしてみると、全然世界が違って見えます。

私がこの方法を教えた友人で、上記の要素整理で試しに周りの友達を採点してみた人がいます。
採点した結果その人にとって一番得点の高かった人は既に6年も友達をしていた人だったのですがたまたまお互いフリーでその後意識するようになり、付き合ってもう8年になります。

その人と付き合うまでは傍から見ると不幸そうな恋愛ばかりしていた友人ですが、
今ではすっかり安定し凄くお似合いのカップルです。

勿論この方法はLGBTに限らずストレートの方にも有効だと思います。

パターンのどれかに思い当たる節がある方は対策を実行してみて下さい。
案外身近に幸せのカギが見つかるかもしれませんよ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*