あの国民的アイドルが同性婚コンサートをしていたなんて!その内容は?詳しくレビューします!

紅白にも出場し、ドームライブなどでのチケットも満員御礼で売り切る、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」。ももクロの愛称で知られている彼女たちのことを一度は見聞きしたことある人も多いのではないでしょうか。

 

そのももクロが、前代未聞の同性婚コンサートをした事があるのは、ご存知でしたか?

リーダーの百田夏菜子さん(赤)と玉井詩織さん(黄)の2人だけで2人の結婚形式でコンサートをしているのです。
その名もももたまい婚!
昨年そのDVDが出て、意外と本格的だと評判なので彼女と一緒に観てみました。

▲パッケージも二人の結婚式をイメージさせるもの。かわいいですね。

そもそも見ることになったきっかけは…

それまでももクロは紅白で見た程度でした。ももクロファン(モノノフ)の友達の招待で最近のライブに一度参加した際に、ライブの宣伝で二人の結婚式映像が流れたことがきっかけでした。それまで紫の高城れにさんが一番かわいいなーと思っていた程度の彼女と私でしたが、その映像に衝撃を受け、購入に踏み切りました。(しかもamazonで非常に安くなっていました。)

本題。ももクロ「ももたまい婚」レビュー

コンサートが始まる前に、映像が流れるところからスタートします。冒頭VTR、仲良しの2人が何故か同棲するところから始まり、日常のいちゃいちゃシーンが映し出されるところから、Lの私たちは「えー!?」と度肝を抜かれました。くっだらない事で喧嘩して絶交からの仲直りシーン→何故か結婚式…というストレートならよくある展開を経て、ドレス姿の百田さんとタキシード姿の玉井さんが教会に現れます。

玉井さんは160cmとそれほど大きくないもののスタイルが良くタキシードも似合ってました。でも「夏菜子だけドレスずるい、私もドレス着たい」と言って式をやり直すと言い出し、VTRは終了します。

ここで司会が登場。結婚式披露宴の挨拶さながらにコンサート本編がスタートしました。観客席も映し出されていましたがこの日のドレスコードは観客もフォーマルウェアの様子。白いネクタイにスーツ姿の男性に、綺麗なドレスを着た女性、おしゃれ着に身を包んだ子供たち、手には赤と黄色のサイリウム…とコンサート会場が完全に結婚式さながらでした。

司会の紹介の後、主役の2人が「新婦新婦の入場です!」の声に合わせてウェディングドレス姿の2人が会場に入場します。(さすがアイドル、2人とも可愛い!)

普通コンサートなら、ここで一曲…と思いますが、これは結婚式。次のコンテンツは2人のプロフィール紹介!

その後ケーキカットの後やっと一曲目がスタートします。その後祝辞やお互いへのメッセージ、余興まであり、完全に結婚式仕様です。ファンであれば10年近い2人の仲良しエピソードの思い出リンクがあるんでしょうけど、前提知識皆無のLGBT目線で見ても十分楽しめました。

百田さんは終始アイドルらしく客席に向けた完璧な笑顔を絶やさないのですが、玉井さんの方に注目してみると百田さんの方をしばしばチラ見。百田さんとタイミングを合わせようと見計らっているようですが、本当に大好きなのかなと思わせてくれました。

Lとして言う!見どころはここだ!!

特に面白いと思ったのは2人の関係性と周りのスタッフやファンの反応です。
まず2人の関係性、これまで女性同性カップルのメディアでの描かれ方といえば

①男役&女役②妖しいお姉様が少女をたぶらかす③悲恋。

これらのどれかの要素が当然のように含まれる事が多かったのですが、上記の要素は全く当てはまっていませんでした。
冒頭VTRにタキシード姿はあるものの舞台上では2人ともドレスでどちらかが男役を演じる感じもなく、年上の百田さんが妖しいお姉様役を演じるわけじゃなく、玉井さんとは対等で助け合っている関係に見えるし、そもそもが結婚式なので不幸感ゼロ!
また周りのスタッフもモノノフも一体になって魂の宿った「茶番劇」を完成させています。その応援の仕方が温か過ぎて皆すごいアライなんじゃないかと勇気づけられました。
(性的な意味での)レズでは無さそうだけど、女同士の友情ってかなり恋愛と近いところにあることを感じることもあるので、そういう観点ではしっかり二人の絆を感じました。

考えてみれば中学生ぐらいから自らの人生を賭けて一緒に激動の世界を駆け抜けてきたんでしょうから、2人にはそこらの愛欲どころではない絆があるんだと思います。
終盤には相手への思いを贈る歌をお互いにピンで歌っているのですが、相手の歌を聴いている時の2人の表情が印象的でした。

百田さんは相手が歌っている時最初は少し照れ笑いするものの、観客を意識しつつやっぱり終始笑顔で聴いています。その辺はさすがリーダーです。一方玉井さんはあまり観客席を向かずほぼ真顔で百田さんを見つめています。そういう演出なら迫真の演技だと思います。

因みにこのライブの選曲は一曲以外は本人達が一緒に泊まって行ったそうなんですが、仲良し感がよく伝わりました。
影響されやすい私はDVDを見て早速赤黄に推し変気分になりました。

そんなももクロもついに10周年!ももクロとLGBTを結びつけて考えてみた。

そんなももいろクローバーZは今年、10周年を迎えるようです。最近はアイドルも短命ではなくなって来ているとはいえ、10年は凄いですね。おめでとうございます!

今年の5月22日と23日に東京ドームで10周年ライブをするようですが、そんなトップアイドルの中心人物がなぜキャパ1700人程度の地方公演で同性婚ライブをしたのか?話題作りでしょうか?百合営業…?(だったら嬉しいですが、普通に考えたら無さそうです)

▲10周年記念にベストアルバムも発売されました。

ももクロチームがどこを目指してこれを作ったのか全く分からないんですが、とにかく百田さんも玉井さんも、スタッフも、モノノフさんも(1番本気なのはファンでした)真面目に同性婚イベントをやり切ってる一体感に率直に感動しました。
ファンを笑顔にするためのコンサートの企画として、結果的に同性婚をキーワードに辿り着いたLGBT当事者目線でも温かい気分になれました。
因みにももクロのライブのカップルシートは性別は問いませんと明記されているそうです。素晴らしい対応ですね!

所属事務所のスターダストはFTMのアイドル”シークレットガイズ”やトランスジェンダーのアイドル”秘密のオト女”も所属しているのでかなりLGBTフレンドリーな事務所なんだと思います。
女子同士が仲良くしてるのに癒された〜い!って方には最高のDVDかもしれません。ファンでなくてもオススメです。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*